FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

気儘な出来事

オーブとロコを中心に大勢のダックスに囲まれた愉快な日常をバッカプルがお届けします!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

お帰り! 

こんばんは。

10日程前から 北海道へ旅立った我家のボクのオーナー様からの問い合わせだった。

『 あの この子 とても柔らかいのです。 』

『 この子 呼吸数が多いのです。 』

『 この子 しっかり歩けずにフラフラするんです 』

そんな 問い合わせに 驚きは隠せなかったので

どんな風になのか? 柔らかいの意味や フラつく原因や 呼吸数の事も伺った

現在は先住犬の9ヶ月のダックス君がいる。

その子と比べて 柔らかいの? その子と遊ばせ過ぎで 疲れているのでは?

こちらから 色々と伺うが その様な事はナイとの返事だった。

僕なりに健康診断をして大丈夫って思う子だけ オーナー様を募集って形にしている。

しかし それが絶対的でもナイ事も理解している。

その後、北海道の動物病院へ診察に行き

心臓肥大と膝関節の亜脱臼になる可能性との診断と聞き呆然とした。

心臓のレントゲンを撮影して頂き。血液検査も

血液検査の結果は異常ナシだが レントゲンではDサインにより左側心臓肥大

ん? 左側??? Dサインによる場合はフィラリアと同じく右側の心臓肥大になる筈

エコーにて逆流性の検査をして頂いたか伺ってみたが エコーはしていない。

??? 余計に???が頭をよぎった。

オーナー様自身も その様な欠陥のある子を今後育ててはイケナイ

病気の子を育てる自信がないし不安だ!との話しだった為に

こちらへ戻して下さいと お願いをした。 本当にご迷惑をお掛けいたしました。

木曜日に彼が 長距離の空の旅で伊丹空港に戻って来た。

飛行時間と待機時間を入れると7時間 可愛そうに・・・

帰りは抱っこして帰ってきた。

1

お家に帰り その日はゆっくり休ませると同時に観察をしてみた

何も異常がナイ様に見える。

言われていた呼吸数が多い事や 水を飲み過ぎる事もナイ

ゲージの中だけでは フラフラする様子もナイ

次の日に掛かりつけの病院へ

心臓のレントゲンに心電図・エコー・膝のレントゲン・血液検査

診断内容は異常がナイとの事だった。

多分 左側の心臓肥大は子犬のレントゲンでは良くある事で

胸筋が心臓の一部として写ってしまったのでは?という事だった。

エコーも一緒に拝見したが 右心室・右心房・左心室・左心房の弁や

僧房弁にも逆流の気配も無く、穴も開いていなかった。

ひとまず安心したと同時に 何もなくて本当に良かった。

その事をオーナー様に伝えると 欠陥がナイなら育てたい・・・

良く考えると 遊ばせ過ぎたのかも知れないし

ただただ比べてしまっていたのかも知れない

病気ではナイなら 早く逢いたいので返して欲しい との事

確かに気持ちは理解出来るが・・・ 少しだけ ムッとした。

なんとも言い切れないモヤモヤした気持ちが残るのは僕だけなのかな?


そんな彼は元気に 

2


その子、その子で体格も性格も違う。人間と同じ様に

3歳の子と小学生低学年の子と同じ様に遊ばせると

体力的にも無理があるし持久力も違う。

極端な話し。早生まれの子と4月生まれの子では

小学生の期間にはどうしても差が出てくる

やっと中学に入る頃に なんの変わりや差がなくなるのでは・・・

ワンにも色々な性格がある おっとりした子や活発な子

同じ事が普通に出来なくても仕方ナイ事もあるになぁ~ 

飼育するって 簡単な様で 可愛いだけでは・・・

難しい。。。

今週はそんなこんなで バタバタしているけれど

アレス君とベルに逢えて嬉しかった。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: wans life

thread: ダックスフント大好き♪  -  janre: ペット

CM: 6 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。